真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

仰げば尊し4

我が師匠、堀江忠男先生に関しての補足。

補足というよりもトピックを幾つか。

 

1、1975年前後だったと思いますが、ウルグアイで開催された世界大学サッカー選手権に出場する「大学選抜」の役員として堀江先生が随行された時のこと。

予選リーグは勝ち上がったのですが、ベスト16の初戦で2−0で敗戦しました。

開始早々に失点して、それを挽回できず追加点を許しての敗戦です。

その直後のインタビューで主将だった法政大学のYさん(だと思います)がこう言いました。

「開始1分で失点して、それでガクっときた」

 

これが堀江先生は気に入らない。

 

「残り89分もあるのに、何がガクっときただ!そんなことだから負けるんだ」

 

このエピソードを我々は4年間で30回くらい聞いています。

 

今、ワールドカップ予選で初戦に敗退しただけで、「崖っぷち」とか言っている某民放や、マスコミの人々。

 

何を言ってんだか。

 

2、「真理は単純にして平凡である」

 

これは堀江先生の学問の基本でもあるし、サッカーを含めたその生涯の基本でした。

 

マルクスの誤りの一つは、社会科学を説明するツールとして弁証法を使ったこと。

 

人文科学では有効でも、社会科学には弁証法は適用できない。

 

「飛んでいる矢は、論理が無矛盾であるべきものなら、止まっているはずだ。というのは、それは、いつどこの瞬間においても、どこかの点にあるはずであり、それがどこかの点にあるというからには、止まっているはずだ。そして静止をいくら合計しても運動になるわけがない」というゼノンの主張を基本にしてヘーゲルマルクスが発展させたのが弁証法です。

 

資本論」はこういう論理で全体が覆われています。

 

ですが、こんな論理で経済の法則を論じられても混乱するだけです。

 

「ある」という言葉は静止の状態を意味しているのであって、「いつどこの瞬間においてもどこかの点にない」のが運動だからです。

だから単純に「この物体は運動している」といえばいいだけ。

 

真理は単純にして平凡である、とはこういう研究から生まれてきた言葉です。

 

3、真の勇気は確信から生まれる。

 

これは堀江先生が大学の理事になった時期と照らし合わせるとよくわかります。

 

昭和43年から45年。学生運動の最盛期です。この時に学生担当理事として学生と向き合ったのが堀江先生でした。

 

相手はマルクスの理論を背景として「革命を!」と主張する「武装」した学生その他。

堀江先生はそのマルクスを徹底的に批判している学者。

その緊迫感の中で、堀江先生を支えたのは、自分の学問に対する確信だったのでしょう。

 

この言葉は、この現場から生まれたものだったと思っています。

 

 

 

 

広告を非表示にする

仰げば尊し3

堀江先生が他界されたのは、2003年3月29日。

 

その日の朝、日経新聞の訃報欄に恐れていたそのお名前が出ていた時にやってきた感情は、「これからどうやって生きていけばいいのか」という大きな喪失感でした。

 

堀江先生の葬儀のとき、参列者に配られた印刷物には、4つの言葉が記されていました。

 

真理は単純にして平凡である。

真の勇気は確信から生まれる。

意志あるところに道は開ける。

攻撃は最善の防御である。

 

グラウンドで、研究室で、いつもおっしゃられていた言葉4つでした。

 

そして、その「構え」で我々に教えてくれたのは

 

「常に全力を尽くせ。全力を尽くして初めて見えてくるものがある。それが真実だ」

 

でした。

 

堀江先生の魂は、それぞれの分野ごとに引き継がれています。

 

サッカーの指導者の魂は、岡田武史さんに。

学問の研究者の魂は、平野克己氏に。

早稲田大学での役割は、花尾能成氏に。

 

今でも私は自分にこう問いかけます。

 

「これで堀江先生に合格点がもらえるだろうか」

 

私の魂の深いところにしっかりと基礎を作ってくれた堀江先生に、深甚の感謝を。

天に向かって。

広告を非表示にする

仰げば尊し2

堀江先生は大正2年生まれですから、私が東伏見のグラウンドをやみくもに走っていた時は64歳。

練習中にグラウンド脇を見るといつの間にか紺のアディダスのジャージを着た痩身の人が立っていました。

「あ、もしかして堀江先生か?」

と思ったら、やっぱりそうでした。

当時、監督は東洋工業日本リーグを制覇した大橋さん。

堀江先生は部長でした。

 

堀江先生との出会いは、それを求めたわけではなく、大学でサッカー始めたらいつの間にか縁ができていたにすぎません。

 

だから、堀江先生の凄さがわかるのは、2年になってから。

そして、3年になって、堀江先生の授業とゼミを受けるようになって、今度はその学者としての凄さを目の当たりにするようになりました。

 

さらに、卒業してからますます堀江先生の存在、教えが身にしみるようになるのです。

 

では何がすごいのか。

 

それは揺るぎない自信でしょう。

 

まずグラウンドで。

堀江先生は今のJリーグクラブのような監督ではありません。

毎日のトレーニングを陣頭指揮することなど皆無です。

むしろ、何を言わんとしているのか、よくわからないと言っていい。

 

でも、どうやったら今日の相手に勝てるのか。

その判断は的確でした。

そして、優勝してもだらしのない試合は大嫌いでした。

大学選手権に優勝した直後の「何だ、このだらしない試合は!」の一喝は有名です。

 

サッカーの監督、あるいは指導者として、最先端の人は他にたくさんいました。

むしろ堀江先生のスタイルは古臭いもの。

でも「勝つ」んですよ。

それは堀江先生の自信が全く揺らがないから、何だと思います。

 

次に。授業とゼミ。

 

私のいた政治経済学部の学生の間では、選択してはいけない教授を「3安2堀」と呼んでいました。

 

安藤、安藤、安西、堀家、堀江、です。

 

でも、ア式蹴球部の監督ですからね。私が取らないわけにはいかない。

 

で、授業を受けてみて、何で「選択するな」と言われているかがわかりました。

 

100人以上入る大教室で、講義中に学生がガヤガヤ騒いでいると堀江先生は、

 

「黙れ!」

 

と一喝します。

 

それはほんとにすごい迫力。

 

「あーやばい、そろそろくるぞ」って予期してても

 

ビクーン、って飛び上がるくらいの迫力です。

 

大教室で一喝する先生など、他にはいません。

 

それは自分の講義、学問に真剣だったからです。

 

のちにゼミに集まった仲間たちは、堀江先生のそういうところが好きで集まった学生でした。

 

じゃあゼミはどうだったか。

 

マルクス経済学の批判的再検討」ですから、資本論を一から読んでいくことから始まります。

 

ですが、これが全く読めない。

 

最初の1ページに書いてあることを理解するのに、半年くらいかかりました。

 

つまり、この1ページを理解するには、基礎となる書物、論文を読んで、理解して、それがベースのなっていないといけない。

 

ということは、どれだけの知識が必要なのか。

 

サッカーの日本代表でベルリンオリンピックに行っている生粋のアスリートで、こんなに学問しているなど、到底信じられないレベルです。

 

しかも、左派、右派の学者から攻撃され、無視され続けても、決して日和ることなく、「俺が正しい」と主張し続けたその「構え」。

 

実際、ベルリンの壁崩壊後は、堀江先生の主張が正しかったことになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

仰げば尊し1

あなたには「師匠」がいますか?

 

幸いにも、私には数人の「師匠」がいます。

 

「師匠」を見つける才能は少しあるのかもしれません。

 

世の中には、師匠を持たない人、師匠との出会いがなかった人がたくさんいます。

 

もちろん、それが不幸とか、ダメだとかいうことではありませんが、そもそも師匠に出会うということは、「あぁ、師匠に出会えて本当によかった」と後から思うことですから、師匠との出会いがない人は、その「あぁ、よかった」という体験をすることができません。

 

とっても残念だと思います。

 

ま、それは置いといて、まず私にとって初めての「師匠」、そして今でも最高の「師匠」、堀江忠男先生のお話をします。

 

堀江先生の肩書きから紹介しますね。

早稲田大学政治経済学部教授、経済学博士。そして我が早稲田大学ア式蹴球部のOBであり、監督であり、部長。

1936年、ベルリンオリンピックサッカー日本代表として参加し、優勝候補スウェーデンを破った「ベルリンの奇跡」の一員。

大学卒業して朝日新聞に入社したのですが、12年後、母校に戻りマルクス経済学の批判的再検討を行いました。

いわゆるマル経ですが、立場は「マルクスは天才だが、資本論は論理的に破綻している間違いだらけの書物だ、だからそれを国是とする社会主義国がうまくいくはずがない、やがて崩壊する」、でした。

マルクス経済学が猖獗を極めていた1950年代、60年代に「資本論は間違いだ」って堂々と論陣を張っていたのですから、左右両方の「御用学者」から攻撃され続けていました。

 

でもグランドでの闘志と同じで、いつも胸を張り、背筋を伸ばし、颯爽としていました。

 

文字通り、「文武両道」を極めた先生でした。

 

本のなかでそういう人の話を読んだことは何度もあるのですが、そんな人が本当にいることを初めて知ったのが、東伏見のグラウンドでした。

1977年、3月のことです。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ブログ再開します

「ブログをほったらかしにしているとエネルギー状態がどんどん下がっていく」

 

ということがわかりました。

 

確かに、その通りだと思います。

 

このブログの更新が滞っている間、諸々の状態が上がったかというとそうでもありません。

 

でも、冒頭の指摘をしていただいた「師匠」との出会いがあったのですから、まぁ、奇跡のようなものです。

 

てな訳で、ちゃんと更新することにしました。

 

まずは、今まで私が師事した師匠たちのお話をします。

 

 

広告を非表示にする

明るい言葉を大きな声で

看護婦になる教育を受けているときにひとつ教わったことがあります。明るい言葉は人の鼓膜を明るく震わせるということです。明るい言葉には明るい振動があります。その内容が相手に理解されてもされなくても鼓膜が物理的に明るく震えることに変わりはありません。だから私たちは患者さんに聞こえても聞こえなくても、とにかく大きな声で、明るいことを話しかけなさいと教えられます。理屈はどうであれ、それはきっと役に立つことだからです。経験的にもそう思います。

 

1Q84 Book2」後編 294ページ 村上春樹 新潮文庫

 

聴覚は最後までのこる感覚です。臨終の床で必死に呼びかけると蘇生することがあるのはちゃんと聞こえているからです。

明るい言葉を大きな声で。

学習や訓練によって得られないギフト

いずれにせよ、あなたはマジック・タッチを持っている。普通ではない力を発する指だ。人間の身体の特殊なポイントを探りあてることのできる鋭い感覚だ。それは特別な資格であり、ごく限られた数の人間にしか与えられない。学習や訓練によって得られるものではない。わたしも種類こそ違え、同じ成り立ちのものを手にしている。しかし、すべての恩寵がそうであるように、人は受け取ったギフトの代価をどこかで払わなくてはならない。

 

1Q84 Book2」後編 302ページ 村上春樹 新潮文庫

 

たしかに、学習や訓練によっては得られない何か、を持っている人はいます。

でもそれが本当に学習や訓練では得られないのか。

正しい方法で、閾値を超え得る量の学習や訓練によればそこに到達できるのではないか。

私はそう思っています。

だってそうじゃなかったら面白くないでしょ。