読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

脳は10%しか使われていない、わけがない。

いろんなところで目にし、耳にする言葉。

「脳は10%しか使われていないと言われている」

これ、ウソです。

「言われている」と必ず表現されているのですが、

じゃあ誰が、どのような根拠を元に言ったのか。

どこにも書いていません。

アインシュタインがそう言ったと言う説がありますが、これは彼が「もっとアタマを使いなさい」と言う趣旨で言ったのであって、根拠となるデータや事実があるわけではありません。

2つ目はサイレントエリア説で、動物実験で何の刺激にも反応しないエリアがあったことを根拠とする説ですが、そもそもそれは動物の脳の話だし、最新の研究ではサイレントエリアにも予備領域の機能があることがわかっています。

3つ目は脳の90%を占めるグリア細胞は神経伝達の機能を果たしていないことからきている説ですが、神経伝達しないのだから、どうやっても使えるようにはなりませんよね(グリア細胞も神経伝達を補佐する機能はあります)。

このように、どの説も根拠不十分なのです。

もし、10%しか使っていないのなら、脳が少々損傷しても影響受けないはずですが、実際には些細な損傷でも重大なダメージを受けますよね。

また、体の一部が使われていないとしたら、そこは萎縮するはずです。

と言うことは、脳は100%使われていると考える方が理路に合います。

「使われていない脳の90%を開発すれば、人類はさらに進化する(ついでに私の心もとないオツムももっと優れたものになるはずだ)」

と夢想しているあなた。

今のあなたが現実です。

 

*「ずっと信じていたあの知識、実はウソでした!」宝島社 参照

 

 

 

 

 

湿潤療法

ここ2、3年、いろいろな講習会、勉強会に顔を出しています。

さらなるレベルアップのためです。

ですから、そこには全国から治療家の先生たちが集まっています。

でも先日驚いたのは、治療家の先生の中に、いまだに擦り傷に従来型のバンドエイドを貼っている人がいるということです。

「えっ。何これ。もしかして湿潤療法を知らないの?」

って呟いてしまったくらいです。

擦り傷、切り傷、面積の小さな火傷には湿潤療法です。

湿潤療法というのは、傷口を乾燥させない治療法。

わかりやすく言えば、傷口には「バンドエイドのキズパワーパッド」を貼りなさい、ということです。

それ以外の治療法はあり得ません。

そのくらい、画期的な治療法です。

2009年6月に発刊された夏井睦(なついまこと)先生の「傷はぜったい消毒するな」(光文社新書)で提案された治療法で、当時は誰もそんな治療法を採用していなかったのですが、結果が全て。今は傷の治療のスタンダードになっています。

擦り傷、切り傷、火傷、靴擦れなどにはキズパワーパッドです。

詳細は上記の書籍をお読みください。

 

 

広告を非表示にする

気圧の変化

今日も寒いですねー。

実は今日の夕方からお花見なんです。

いつもお世話になっている編集長のお誘いがあったものですから。

でも冷えると思います。

こういう時は、麻黄湯、五苓散を持って行くべきです。

暖かかったり、寒かったりで、体調管理が難しいですから、

もし体調が悪かったら「天気のせい」にして、あまり悩まずさっさと寝ることです。

眠れなかったらカラダを温めて、ゆっくりしている。

それでやり過ごしましょう。

不調の時もあります。

それが自然ですから。

不調になっても一晩寝れば翌日には回復している。

そういうカラダにしていくのが整体のお役目です。

 

 

広告を非表示にする

食事とエネルギー

いまさらですが、食事とはエネルギー補充の行為だ、ということに気がつきました。

きっかけは土井善晴さんの「一汁一菜で良いという提案」という書籍と、

少し前にたどり着いた某治療家の師匠の教えです。

エネルギーの高い味噌と塩と醤油を手に入れ、

それを使って具沢山の味噌汁とご飯を作り、食べてみました。

いやぁ、びっくりです。

食べた後にカラダの奥の方からチカラが湧いてくるんです。

ああ、食事ってこうじゃなきゃいけないな。

つくづく実感しました。

美味しいかどうかなんて別にどうでもいいのです。

エネルギーが高まるかどうか、が重要なのです。

この経験の後、外食するとエネルギーが低下するのがよくわかるようになりました。

いえ、美味しいんですよ。

美味しいけれど、エネルギーを消耗する。

それじゃあ食事の意味ないですよね。

やっとカラダでわかりました。

 

広告を非表示にする

仰げば尊し10

伊藤先生の道場で気がついたこと。

1週間に10回前後稽古していたのですから、気づきは無数にありますが、

一番重要だったのは「力を抜くことが一番難しく、一番重要だ」ということでした。

私は「運動」を根本的に間違えて身につけていたんですね。

運動=チカラを入れること。

そう思っていました。

走る時は全身の筋肉に力を入れて、歯を食いしばって、これでもかこれでもか、と体を酷使していました。

それはブレーキを踏みながらアクセル踏んでいる行為だ、ということに気がついたのは、高岡先生のところで学んでいる時でしたが、それをカラダに染み込ませることができたのは伊藤先生の道場でした。

この「チカラを抜いて運動する」ことが身についたおかげで、今の私があります。

これに気づかず、サッカーをやっていた頃の運動の文法でそのまま行っていたら、今頃、カラダを壊していたに違いありません。

治療家になって、ますますその重要性が増すばかり。

治療のレベルを上げるために、いろいろな勉強会、講習会に顔を出すようになったのですが、そこでも体の文法が全然整っていない人たちが8割です。

そのカラダの使い方では、相手が不快なだけだな、とか自分のカラダを壊すな、とか、そういう人が本当に多いのです。

日々、伊藤先生に感謝です。

 

広告を非表示にする

仰げば尊し9

伊藤先生の道場でやっているのは、

「カラダの文法の作り変え」

です。

たとえば「走る」。

たとえば「投げる」。

この基本的な運動をどうやって身につけたか?

多くの人は、子供の時に自然にできるようになります。

では、そのカラダの動かし方はみんな違います。

私が走る時に体を動かしているメカニズムと

隣の彼が走る時のそれと

同じだろうか?

ここがポイントです。

みんなそこを抜きにして、運動能力を上げるための練習をします。

でも一番最初に問われるべきなのは、どうやって体を動かしてその動きを出現させたか? というプログラムです。

プログラムにバグがあるから、いわゆる運動が得意でない人がいるのです。

プログラムのバグをまず発見して、それを修正する。

そうすれば今ある「カラダ」ではるかに優れたパフォーマンスを発揮することができます。

伊藤先生の飛龍会で行っていたのはこれでした。

だから、私は入門してすぐに夢中になり、

1週間に10回稽古に出ていました。

ここですごした4年間があるから、今の私があります。

ここのカラダの文法の書き換えは、すべての領域に応用することができます。

 

伊藤先生に心から深い感謝を。

 

広告を非表示にする

仰げば尊し8

だいぶ間が空いてしまいました。

すいません。

再開します。

 

高岡英夫先生との出会いから続けます。

その後、高岡先生の講座に随分通いました。

先生の研究所があった市川までなんども足を運び、

講習会のビデオを見て、その度に新しい発見を繰り返していました。

でも、だんだん足りないところが明らかになってきました。

それは「実践の場」です。

最初はそれをサッカーで活かすにはどうするか、が動機だったのですが、

どうもうまくいかない。

何故ならば、高岡先生の運動理論は武道が前提になっていて、

武道抜きで一足飛びにサッカーに応用というのは無理があるからです。

だから、何か武道をやりたくなった。

でも高岡先生のところには、その場がありません。

その後、先生が若い頃からやっている武道の会に入る機会があったのですが、

市川まで通うとなると限界があります。

 

「あーどこかいい道場ないかなぁ」

って探していたところに見つけたのが

Tarzan」1998年6月10日号でした。

この号、ストレッチの特集だったのですが、その中で一人だけ、

ストレッチのように見えるけど、全然違うことを言っている先生がいました。

それが、「飛龍会」という道場を主催している伊藤昇先生でした。

略歴を見ると少林寺拳法の道場を開いたと書いてある。

ということは武道のベースにしたカラダの使い方を教えてくれるところなのではないか?

そう思ったのです。

なので、雑誌を見て問い合わせをするという初めての行為をして見ました。

やがて伊藤先生からファックスが。

稽古はいっぱいだけれど講習会があるので、そこにきなさい。

よっしゃあ。

これが今の私の基礎を作った伊藤先生との出会いでした。

 

広告を非表示にする