真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

型とは?その2

では日野が考える型とは何か?

それはつまり、運動の始点がどこか、運動が線としてどうつながっていくか、動きによって体重はどう移動していくのか、意識が変わると動きはどう変わるのか、どの部位に緊張を与えると他の部位が緩むのか——それらを検証するためにつくられた、先人の「知恵の集積」のことである。

 

ウィリアム・フォーサイス、武道家・日野晃に出会う」 日野晃、押切伸一 白水社 140ページ

 

この書籍の帯にあるキーワード「FEEL&CONNECT」。

このキーワードでどれだけ世界が広がったか。

私はカウントできないほどの恩恵を受けています。

 

FEEL and CONNECT

 

そうなんですよ。

 

 

広告を非表示にする