真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

違う日常の風景

で、そういうことをしますと、そのあとの日常の風景が、なんていうか、いつもとはちっとばかし違って見えてくるかもしれない。私にもそういう経験はあります。でも、見かけにだまされないように。現実というのは常にひとつです。

 

1Q84 Book1」村上春樹 新潮社 23ページ

 

この不思議なお話を読み返してみると、味わいのある言葉を発見します。

これは首都高3号線、三軒茶屋の緊急避難階段シーンのちょっと前。

そのあとの日常の風景が、なんていうか、いつもとはちっとばかし違って見えてくるかもしれない」

治療もこの一言を狙っているのですよ。

 

広告を非表示にする