読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

むしろ力の抜き方だ

軽く、慈しむように、適正な角度で、適正な強さで、たなごころを下に落とす。重力に逆らわずに、すとんと。そして細い針の先がその部分に、あくまで自然に吸い込まれるようにする。深く、滑らかに、そして致死的に。大切なのは角度と力の入れ方なのだ

──いや、むしろ力の抜き方だ

 

1Q84 Book1」 村上春樹 新潮社 71ページ

 

ここのところ「1Q84」ばっかりです。発売当初に一度読んで、いまもう一度読み返しているところです。随所に真理がちりばめられているんですね。

そして青豆さんのハードボイルドなスナイパーぶりが際立ちます。