読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

青豆さんのお祈り

予測が外れたときのことまではとくに考えなかった。彼女にできるのはお祈りすることくらいだ。しかし彼女にはわかっていた。お祈りは効くのだということが。

 

1Q84 Book2」 新潮文庫 前編 194ページ

 

そしてこの青豆さんのお祈りはこれ。

天上のお方(かた)さま。あなたの御名(みな)がどこまでも清められ、あなたの王国が私たちにもたらされますように。私たちの多くの罪をお許しください。私たちのささやかな歩みにあなたの祝福をお与えください。

 

このお祈り、1Q84の全編にわたって何度も出てきます。

このお祈りを声にだして読んでみてください。その響きがすーっと心に入ってきます。

なんかお祈りが必要だなぁと思ったら、これを唱えてみてください。

特定の宗派に属するお祈りよりも、小説にでてきたフレーズの方が抵抗感が少ないはずです。この青豆さんのお祈りは効きますよ。

広告を非表示にする