読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

仰げば尊し2

堀江先生は大正2年生まれですから、私が東伏見のグラウンドをやみくもに走っていた時は64歳。

練習中にグラウンド脇を見るといつの間にか紺のアディダスのジャージを着た痩身の人が立っていました。

「あ、もしかして堀江先生か?」

と思ったら、やっぱりそうでした。

当時、監督は東洋工業日本リーグを制覇した大橋さん。

堀江先生は部長でした。

 

堀江先生との出会いは、それを求めたわけではなく、大学でサッカー始めたらいつの間にか縁ができていたにすぎません。

 

だから、堀江先生の凄さがわかるのは、2年になってから。

そして、3年になって、堀江先生の授業とゼミを受けるようになって、今度はその学者としての凄さを目の当たりにするようになりました。

 

さらに、卒業してからますます堀江先生の存在、教えが身にしみるようになるのです。

 

では何がすごいのか。

 

それは揺るぎない自信でしょう。

 

まずグラウンドで。

堀江先生は今のJリーグクラブのような監督ではありません。

毎日のトレーニングを陣頭指揮することなど皆無です。

むしろ、何を言わんとしているのか、よくわからないと言っていい。

 

でも、どうやったら今日の相手に勝てるのか。

その判断は的確でした。

そして、優勝してもだらしのない試合は大嫌いでした。

大学選手権に優勝した直後の「何だ、このだらしない試合は!」の一喝は有名です。

 

サッカーの監督、あるいは指導者として、最先端の人は他にたくさんいました。

むしろ堀江先生のスタイルは古臭いもの。

でも「勝つ」んですよ。

それは堀江先生の自信が全く揺らがないから、何だと思います。

 

次に。授業とゼミ。

 

私のいた政治経済学部の学生の間では、選択してはいけない教授を「3安2堀」と呼んでいました。

 

安藤、安藤、安西、堀家、堀江、です。

 

でも、ア式蹴球部の監督ですからね。私が取らないわけにはいかない。

 

で、授業を受けてみて、何で「選択するな」と言われているかがわかりました。

 

100人以上入る大教室で、講義中に学生がガヤガヤ騒いでいると堀江先生は、

 

「黙れ!」

 

と一喝します。

 

それはほんとにすごい迫力。

 

「あーやばい、そろそろくるぞ」って予期してても

 

ビクーン、って飛び上がるくらいの迫力です。

 

大教室で一喝する先生など、他にはいません。

 

それは自分の講義、学問に真剣だったからです。

 

のちにゼミに集まった仲間たちは、堀江先生のそういうところが好きで集まった学生でした。

 

じゃあゼミはどうだったか。

 

マルクス経済学の批判的再検討」ですから、資本論を一から読んでいくことから始まります。

 

ですが、これが全く読めない。

 

最初の1ページに書いてあることを理解するのに、半年くらいかかりました。

 

つまり、この1ページを理解するには、基礎となる書物、論文を読んで、理解して、それがベースのなっていないといけない。

 

ということは、どれだけの知識が必要なのか。

 

サッカーの日本代表でベルリンオリンピックに行っている生粋のアスリートで、こんなに学問しているなど、到底信じられないレベルです。

 

しかも、左派、右派の学者から攻撃され、無視され続けても、決して日和ることなく、「俺が正しい」と主張し続けたその「構え」。

 

実際、ベルリンの壁崩壊後は、堀江先生の主張が正しかったことになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする