読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

仰げば尊し8

だいぶ間が空いてしまいました。

すいません。

再開します。

 

高岡英夫先生との出会いから続けます。

その後、高岡先生の講座に随分通いました。

先生の研究所があった市川までなんども足を運び、

講習会のビデオを見て、その度に新しい発見を繰り返していました。

でも、だんだん足りないところが明らかになってきました。

それは「実践の場」です。

最初はそれをサッカーで活かすにはどうするか、が動機だったのですが、

どうもうまくいかない。

何故ならば、高岡先生の運動理論は武道が前提になっていて、

武道抜きで一足飛びにサッカーに応用というのは無理があるからです。

だから、何か武道をやりたくなった。

でも高岡先生のところには、その場がありません。

その後、先生が若い頃からやっている武道の会に入る機会があったのですが、

市川まで通うとなると限界があります。

 

「あーどこかいい道場ないかなぁ」

って探していたところに見つけたのが

Tarzan」1998年6月10日号でした。

この号、ストレッチの特集だったのですが、その中で一人だけ、

ストレッチのように見えるけど、全然違うことを言っている先生がいました。

それが、「飛龍会」という道場を主催している伊藤昇先生でした。

略歴を見ると少林寺拳法の道場を開いたと書いてある。

ということは武道のベースにしたカラダの使い方を教えてくれるところなのではないか?

そう思ったのです。

なので、雑誌を見て問い合わせをするという初めての行為をして見ました。

やがて伊藤先生からファックスが。

稽古はいっぱいだけれど講習会があるので、そこにきなさい。

よっしゃあ。

これが今の私の基礎を作った伊藤先生との出会いでした。

 

広告を非表示にする