読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

食事とエネルギー

いまさらですが、食事とはエネルギー補充の行為だ、ということに気がつきました。

きっかけは土井善晴さんの「一汁一菜で良いという提案」という書籍と、

少し前にたどり着いた某治療家の師匠の教えです。

エネルギーの高い味噌と塩と醤油を手に入れ、

それを使って具沢山の味噌汁とご飯を作り、食べてみました。

いやぁ、びっくりです。

食べた後にカラダの奥の方からチカラが湧いてくるんです。

ああ、食事ってこうじゃなきゃいけないな。

つくづく実感しました。

美味しいかどうかなんて別にどうでもいいのです。

エネルギーが高まるかどうか、が重要なのです。

この経験の後、外食するとエネルギーが低下するのがよくわかるようになりました。

いえ、美味しいんですよ。

美味しいけれど、エネルギーを消耗する。

それじゃあ食事の意味ないですよね。

やっとカラダでわかりました。

 

広告を非表示にする