真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

湿潤療法

ここ2、3年、いろいろな講習会、勉強会に顔を出しています。

さらなるレベルアップのためです。

ですから、そこには全国から治療家の先生たちが集まっています。

でも先日驚いたのは、治療家の先生の中に、いまだに擦り傷に従来型のバンドエイドを貼っている人がいるということです。

「えっ。何これ。もしかして湿潤療法を知らないの?」

って呟いてしまったくらいです。

擦り傷、切り傷、面積の小さな火傷には湿潤療法です。

湿潤療法というのは、傷口を乾燥させない治療法。

わかりやすく言えば、傷口には「バンドエイドのキズパワーパッド」を貼りなさい、ということです。

それ以外の治療法はあり得ません。

そのくらい、画期的な治療法です。

2009年6月に発刊された夏井睦(なついまこと)先生の「傷はぜったい消毒するな」(光文社新書)で提案された治療法で、当時は誰もそんな治療法を採用していなかったのですが、結果が全て。今は傷の治療のスタンダードになっています。

擦り傷、切り傷、火傷、靴擦れなどにはキズパワーパッドです。

詳細は上記の書籍をお読みください。

 

 

広告を非表示にする