真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

脳は10%しか使われていない、わけがない。

いろんなところで目にし、耳にする言葉。

「脳は10%しか使われていないと言われている」

これ、ウソです。

「言われている」と必ず表現されているのですが、

じゃあ誰が、どのような根拠を元に言ったのか。

どこにも書いていません。

アインシュタインがそう言ったと言う説がありますが、これは彼が「もっとアタマを使いなさい」と言う趣旨で言ったのであって、根拠となるデータや事実があるわけではありません。

2つ目はサイレントエリア説で、動物実験で何の刺激にも反応しないエリアがあったことを根拠とする説ですが、そもそもそれは動物の脳の話だし、最新の研究ではサイレントエリアにも予備領域の機能があることがわかっています。

3つ目は脳の90%を占めるグリア細胞は神経伝達の機能を果たしていないことからきている説ですが、神経伝達しないのだから、どうやっても使えるようにはなりませんよね(グリア細胞も神経伝達を補佐する機能はあります)。

このように、どの説も根拠不十分なのです。

もし、10%しか使っていないのなら、脳が少々損傷しても影響受けないはずですが、実際には些細な損傷でも重大なダメージを受けますよね。

また、体の一部が使われていないとしたら、そこは萎縮するはずです。

と言うことは、脳は100%使われていると考える方が理路に合います。

「使われていない脳の90%を開発すれば、人類はさらに進化する(ついでに私の心もとないオツムももっと優れたものになるはずだ)」

と夢想しているあなた。

今のあなたが現実です。

 

*「ずっと信じていたあの知識、実はウソでした!」宝島社 参照