真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

3年ぶりの花尾大理事。

f:id:acegoto:20170612235522j:image

いつも会ってるような気がするが、たぶん3年ぶり。

花尾ヨシナリも今や早稲田大学の理事である。

事務方から理事になるというのは大変なこと。

きっとたくさん「倍返しだ!」ってやってきたに違いない。

私同様、大学出るのに5年かかった。

早稲田の職員という進路も、なんて安易な、とみんなが思ったが、大出世である。

これは、彼の努力と、誰からも愛されるキャラによるもの。

多くの諸先輩方が、なにかあるたびに「花尾を呼べ」と言って、彼に目をかけたからである。

これは彼にしか出来ない。

見事である。

花尾ヨシナリは、いまはそうでもないが、少し前まで、毎日校歌「都の西北」を歌っていた。

校歌を歌うのが仕事だったのである。

その「都の西北」に英語版があるという。

じゃあ、その英語版「都の西北」を歌ってくれ、と頼んでみた。

で、歌おうとしたら、横槍が入って話題がそれてしまった。

あー、残念。

花尾、英語版「都の西北」を歌って、ユーチューブにあげてくれ。