真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

騎士団長殺し、読みましたよ。

世の中の熱が醒めた頃になったので、

村上春樹センセの「騎士団長殺し」読みました。

 

これだけの長編を一気に読ませるのは

いつもながらすごい技です。

 

帯に「旋回する物語」って書いてあるので、

この物語の中で話が旋回していくのかと思ったら、

違いました。

 

1Q84」「海辺のカフカ」「ねじまき鳥クロニクル

「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」

「ダンスダンスダンス」「羊をめぐる冒険

と同じ構造を持ったストーリーということでした。

 

ほんと、その通り。

 

広告業界の言葉を使えば、「羊をめぐる冒険」の時に作った

クリエイティブのフレーム(表現をする全体となる枠組み)を

そのまま使って、内容の違う物語を次々に生み出して、

しかもそれが全部ベストセラーになっている。

 

そういうことです。

 

同じフレームでこれだけの物語を作り出す、

というのは並大抵のことではありません。

 

ということは、村上春樹さんが作ったフレームが、

いかに人々の深層に潜んでいるものを引き出しているか、

ということ。

人々が持っている普遍的な「神話」と同じチカラを持っている。

そういうことだと思います。

 

でも、全部読んでしまった後の好き嫌いで言えば、

私は「1Q84」の方が好きですけどね。

青豆さんとタマルのハードボイルドなところがいいんですよ。

 

さて、「騎士団長殺し」、

タイトルデザインも秀逸で「殺」だけがちょっと転んでる。

「殺し」という殺伐な言葉を和らげているようです。

立憲民主党のロゴの民の字が飛び出しているのと似てますね)

 

で、この物語で一番すごいなと惚れ惚れしたのは、

主人公が「免色渉(めんしきわたる)」氏の肖像画を描いていくシーン。

 

(免色渉、こういう変な名前は村上春樹さんの作品にはよく登場しますが、

今回のは、「色彩を持たない多崎つくる」から来てますね)

 

今までとは次元の異なる絵、天才のみがなしうるその技が降りてくる、

そのシーンをこれだけ神ががって書ける人は、村上春樹さんしかいないでしょう。

 

そうだよ、そうであろうよ、って思いながら、そのシーンを読んでました。

 

と、もう一つ、この作者の力量を示すのは、

これだけ長いお話なのに、

主人公の名前が出てこないこと。

これ、かなり難しいですよ。

 

途中で名前が不明なことに気がついて、いつ出てくるのかなぁ、

て思いながら、最後まで出てきませんでした。

 

そして、今までのお話からちょっと進んでいるのは

イデア」の登場。

 

文中で「イデアとスピリットは違う」って主人公に言わせていますが、

イデア」は今までの作品の中には登場していません。

 

この「イデア」という存在、かなりヒントになりました。

この概念は使えるかもしれない。

そう思っています。

 

「なぜなら私には信じる力が具わっているからだ。どのような狭くて暗い場所に入れられても、どのように荒ぶる曠野に身を置かれても、どこかに私を導いてくれるものがいる」

 

そうですね。

私もそう思います。