真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

このカレー、気に入った。

「この間、アベさんと一緒に、駅の向こうに新しくできたカレー屋さんに行ったんですけど、行ったことありますか?」

 

「いいえ、ありません。それはどこですか」

 

「プネウマカレーっていう小さな店です」

 

「知らないなぁ、どこにできたの?」

 

「あの、早稲田通りを大学の方に行って、右側の、コットンクラブの手前の路地を右に入ったところです」

 

「なんだ、私が通っていた鍼灸学校の手前じゃないの。

で、美味しいの?」

 

「うーん、なんか、フツーなんですよ」

 

「なにフツーって。フツーのカレーってどういうの」

 

「うわあ、なんて言うんだろう。チキンカレー単品だけなんですけど、

 

もうちょっとなんかあっても良さそうなんですよ。

 

フツー、です」

 

「もしかしたら、あなたにとってのカレーとは、家庭で作るハウスバーモントカレーのようなものであって、それ以外のインドカレーとか欧風カレーとか、洋食屋カレーとか、蕎麦屋のカレーとか、を食べたことないんじゃないの?」

 

「いやいや、そんなことないんですけどね、なんかなー」

 

って要領を得ないので、プネウマカレーを食べに行ってきました。

 

これは、全然フツーじゃないです。

 

見事なチキンカレー。

 

しかも普通盛りが550円。

 

このレベルのカレーを1000円近い金額で出す店がたくさんあるのに、

 

この値段。

 

40代くらいのおにーさんが一人で切り盛りしています。

 

エプロンには「伊吹アンチョビ」って書いてある。

 

伊吹アンチョビがこのカレーの秘訣らしい。

 

なるほど。

 

インド風のカレーを作って見るとわかるのですが、

 

玉ねぎとチキンとスパイス、それにトマトなりスープなりを加えて作ると、

 

「何か一味」足りないんですよ。

 

ヨーグルトとか塩とか、醤油とか加えて見るんだけど、「旨味」が足りない。

 

でも、一味足りないままのカレーを出している店はたくさんあります。

 

新宿御苑前の店とか、神保町の古いビルの店とか、昔三越前の蔦の絡まる二階建てで営業していた店とか。

 

一味足りないままでも成り立つのは、「辛さ」を出すからです。

 

辛いと一味足りないのに気がつかれないで済むんですよ。

 

辛さゼロで食べて見ると何か味が足りないのがよくわかる。

 

あるいは、辛さの代わりに油をたくさん使って、油まみれにする。

 

このプネウマカレーはそうではなく、正面から「足りない一味」にチャレンジした。

 

その答えが、伊吹アンチョビなんだと思います。

 

プネウマカレー、辛くないです。でもちゃんと旨味がある。

 

ここにたどり着くまで、相当試行錯誤したはずです。

 

だって、カレーにアンチョビと言う回答は、他にはないですから。

 

そして、もう一つ、素晴らしいのは、後味がいいこと。

 

カレーの良し悪しは、店を出て30メートル歩いた後にわかります。

 

カレー店のカレーのほぼ90%は、食べた後に自分のエネルギーが落ちています。

 

例えば、胃がもたれるとか、胸焼けするとか、体が重いとか。

 

でもこのプネウマカレー、後味スッキリです。

 

体が軽い。

 

これなら毎日食べても大丈夫。

 

久しぶりにいい店を発見しました。

 

でも、今の所、いつもガラガラです。

 

いつまで持つかが心配ですが、多分なんとか持ちこたえるでしょう。

 

このクォリティでこのプライス。

 

よく頑張りました。

 

f:id:acegoto:20171026142321j:plain