真理は単純にして平凡である。

心に残った一文を書き留めていきます。すこしずつ、ひとつずつ、ささやかに。

スターウォーズ エピソード8 その8

スターウォーズ エピソード8」の続きです。

 

このお話、エンディングが謎のエンディングです。

 

箒をフォースらしき力を使って手元にに引き寄せて、

 

掃除しながら夜空を見上げる奴隷の少年で終わっています。

 

きっとこの後のエピソード9で重要な役回りをするんだと思いますが、

 

せっかくこういう少年を出してきたのだから、もっと有効に使って欲しかった。

 

この少年と一緒に逃げて、以後、この少年をどう守るか、

 

という視点を入れるともっと深みが出たのになって思います。

 

だって、レジスタンスのメンバー、みんな成人男女ですよ。

 

あの構成では次世代がいないのだから自然に絶える。

 

もちろんこの後、ベビーが生まれるというのもありですが、

 

それでは「彼らの戦い」を語り継ぐ人がいないんですよ。

 

彼らは勇敢に戦った、みんなの平和のために戦ったんだ、

 

っていうことを後世に伝えてくれる人がいるから、みんな戦うんです。

 

共同体の健全な状態というのは、その構成員の中で一番弱いもの、

 

庇護されるべきものをどうみんなで守っていくのか、というところにあります。

 

市場原理が全てだと思っていると、

 

自立できる強いものだけで構成される共同体が理想のように思ってしまうのですが、

 

そうではありません。

 

そのような強いものだけの共同体が、存続すると思いますか?

 

だって自立できるんですから、共同体にいる必然性がないですよね。

 

共同体の中で、優劣を競うようになるのが関の山です。

 

そうではありません。

 

共同体のキモは、弱いものをみんなでどう育てていくのか。

 

これです。

 

だから、あの少年をずっと守りつつ戦って欲しかった。

 

少年をレジスタンスのメンバーに入れる。

 

彼はフォースを使う。でもフォースを使うにはちゃんと訓練が必要。

 

その訓練をレイがする。少年を育ててるうちにレイのフォースも整っていく。

 

少年とともにレイも成長していく。

 

離す時期を間違えてエネルギーの奪い合いのならないように。

 

でもこれ、映画の話でしょ?

 

って思ったあなた。

 

違いますよ。

 

語り継がれる物語の中にこそ、生きていくうえで重要な事柄が詰まっているんです。

 

だから、「文学」がずっと続いているんです。

 

聖書はイエスの物語。

クルアーンムハンマドの物語です。

 

 

では、今日もお疲れさまでした。